FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お泊まりの朝は5

「さてと、
焼いてしまったバゲットは卵液に浸けて、
明日の朝食にでもしましょうか」

周平にはもう少し温まってくるように告げ、
一足先にキッチンに立っていた。

「ああ、そうだ。
ラムレーズンアイスも添えましょう。
周平はアレに目が無い。
……おや?
私はあのコを今夜も帰さない気ですね。全く……」

自嘲(じちょう)気味に頭を振ってはみたが、
そう悪い気分でも無かった。
恋に溺れ、愛に途惑い、己を見失う……。
今まで最も嫌っていた愚かな自分。

「だが、悪くない……」

明日の朝、
フレンチトーストを口いっぱいに頬張る周平を想像して、
柔らかい甘さが胸に広がった。

 


「せんせぇ」

後は仕上げのみ、
という所まで支度が出来たタイミングで、
リビングから蚊の鳴く様な声がした。

「キチンと温まりましたか?」
「あ、はい」
「こちらも準備万端ですよ。さあ、一緒に……」
「あのっっ! これっっ!」

まるで忍者のように
ソファや観葉植物の影に隠れながら、
小走りに周平が近付いてくる。
どうやら私が用意した『服』が気に入らなかったようだ。

「先程のTシャツは厭らしく汚れてしまいましたし、
手伝ってくれるのでしょう?」
「それは……そうですけど……」
「ですので、エプロンですよ」
「……」

所謂メイドエプロンと呼ばれているそれは、
Tシャツと同じように
周平の股間を邪魔しない絶妙な丈に仕上がっていた。

「Tシャツと一緒に作らせたエプロンが
こんなに早く役に立つとは思いませんでした。
でも君はメイドさんではありませんから、
恋人エプロンですけどね♪」
「先生……」
「では、始めましょうか」
「ム、ムリです────っっ!!!!」 


─完─

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 18禁BL小説
ジャンル : アダルト

お泊まりの朝は4

「すみません。無理を……させましたね」
「先生……」

バスタブの中で周平を前に座らせ、
優しく髪を洗ってやりながら、夕べからの行為を詫びる。
結局あれから何も口にすること無く、
気が付けば正午もとうに回る時刻……。
湯に浸かっていない細いうなじには、
痛々しい程無数に私が残した朱が散っていた。

「正直、こんな自分を持て余しています。
どうしてこうも、
君相手だと余裕が無くなってしまうのか……。
いつか嫌われてしまうのではないかと、不安にさえなります」
「そんなっっ!」
「!?」

周平はその言葉に弾かれたように振り向き、
私の胸に顔を埋めた。

「そんなこと、絶対ないです!」
「しゅう──……」

それはいつものおっとりとした口調では無く、
腕を掴む力の強さからも必死さが伝わってきた。

「たとえ先生が、
……その……どんなにスケベさんでも、
どんなにヘンタイさんでも、
僕は絶対に嫌いになったりしません!」
「周平……」
「何をされても、
絶対、絶対、ぜーーーーったい!
好きな気持ちは変わりませんから!」
「……本当に?」

周平は頭を泡だらけにしたままで、
こくんこくんと何度も頷く。
その動きで落ちた泡が背中に貼り付き、
私の天使に羽を創った。

「愛しています、周平」

天使の小さな顎を持ち上げ、唇を近付ける。
と、その時……、

ぐぅ──

「きゃっっ! お腹がっっ!」
「ふふ。かわいい音ですね」
「ご、ごめんなさい……」
「謝ることはありませんよ。
悪いのは私なのですから。
では今度こそ本当にご飯にしましょう」
「はい!」
「朝食はすっかり冷めてしまいましたので、
何か別のモノを……」
「いえ!
 僕、アレで……ううん、アレがいいです!」
「しかし……」
「先生の作ったモノは何一つ無駄にしたくないんです!
全部、食べたいんです!」

くすっっ──

「分かりました。
ではあの朝食に少し手を加えて何か作りましょう。
オープンサンドなんていかがですか?」
「はい! 僕も手伝います!」
「……いいんですか?」
「へ?」

テーマ : 18禁BL小説
ジャンル : アダルト

お泊まりの朝は3

眠る周平の体を清拭(せいしき)した後、彼に着せてやった服。
それは周平のサイズに合わせ作らせた
オーダーメイドのTシャツだった。
前身ごろを下に引っ張りながら、
小股で近付いてくる周平。
しかし、それも想定の範囲内。
前を引っ張れば……。

「お尻が出ちゃう……」
「では、引っ張らなければいい」
「だって、それじゃあ!」
「可愛らしいモノが見えてしまいますか?」

絶妙に計算された丈は
股間の上半分だけ隠れるようになっている。
後ろからの眺めはもっと素晴らしいだろう。
尻の隙間から見える陰茎(いんけい)や睾丸が
周平が動くたびにふるふると揺れ……。

「も、もしかして、わざと?」
「だったらどうしますか? 嫌いになりますか?」
「そ、それは……」
「せめて2人きりの時ぐらい
愛する君の全てを見ていたいと思うのは、
私の我儘(わがまま)なのでしょうか? 
例えば君は……、
君は私の全てを見たいとは思ってくれないのですか?」
「──!」

戸惑う周平の瞳。
それを捕えたままソファから立ち上がり、
恭(うやうや)しく足もとに跪(ひざまず)いた。
未だTシャツを掴んでいる手を布から剥がし、
ゆっくりと唇を寄せる。
視線の端には解放された陰部が。
その質量は周平の情欲の目覚めを知らせていた。
最後の仕上げとばかりに彼の指を口に含む。

ちゅっちゅ…… 

音を立てながら深く、浅く。

「あっっ……んん……」

自分の指と陰茎をシンクロさせているのか、
周平のモノは程なく完全な状態まで勃ちあがった。
しかしそれには一切触れず、
親指から小指まで、10本の指を執拗に舐めてゆく。

「本当はこのTシャツも着せたくないのですよ」
「はぁ……はぁ……」
「でも大切な君に風邪をひかせてはいけませんし」
「あぅっっ……」

毛足の長い絨毯に
周平の先から沁み出た滴がとろり落ちた。


テーマ : 18禁BL小説
ジャンル : アダルト

sidetitleプロフィールsidetitle

鳥舟侑理@長州ユーリ

Author:鳥舟侑理@長州ユーリ
鳥舟侑理@長州ユーリは、
官能BL小説家を目指す
ドSエロ番長です。

当ブログは、
ド下手な自作BL小説を
掲載しておりますが、
お恥ずかしながら
著作権は
放棄しておりません。
無断転載等は
ご遠慮ください。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle先割れスプーン様出演sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。