FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その唇、塞いでやる…3

「…はぁ…ん…、でなくて、いいの…?」


しつこく鳴り続けるバイブ音を
耳に入れないようにしていた俺に
拓海が余計なひと言を吐く。

出なくていいのか?
と聞かれれば、
出なくちゃいけないと答えざるを得ない。

残念ながら俺は、
そういう立場の人間だった。








「おはようございます。」


電話の向こうは
いつもと同じ涼しいトーンの…


「夏目か。」

「瓜生さん、お取り込み中失礼致します。」

「は?」

「息、上がってますよ。くすっっ。」


くすっっ?

まさか…


「お前、もしかして…」

「ああ、はい。
 拓海さんをそちらにお連れしたのは私です。」


…拓海、後でお仕置きだ(怒)




「で?何の用だ?」

「ああ、すいません。
 不躾だとは思ったんですが、
 早い方が安心してデキると思いまして。」


…安心?…デキる?


「前置きはいい。」

「ふっっ。焦ってます?
 大丈夫。
 時間はたっぷりありますから。」

「…お前、さっきから。
 何が言いたい?」


俺の凄みに臆することなく、
夏目は淡々と会話を続ける。

それがこの男のムカツク所であり、
頼もしく感じる所でもあった。


「これ以上、あなたを焦らすと後が怖いですね。
 では、業務連絡に入ります。
 瓜生さんの本日の予定は私が引き継ぎます。
 もちろん、例の問題も。
 ですので、出社は結構です。」

「…どういう事だ?」

「部下の尻拭いなど、私で事足ります。
 その他の業務も
 ざっと目を通した限りでは
 問題無いでしょう。」

「いや…まぁ、それは確かに、
 お前ならこなせると思うが…。」

「はい。任せて下さい。
 瓜生さん程では無いですが、
 私もそこそこ優秀な人間ですので。」


こういう正直なところも悪くない…が、


「何かあったのか?拓海に。」


この男がここまでお節介をやく時は、
拓海絡み以外考えられない。


「いえ…。
 まだ何かがあった訳では…。」


歯切れが悪い。

口止めされているのか?


「つきましては、
 拓海さんの方も休みに…」

「したのか?」

「はい。私の一存で。
 会長に急病になって頂きました。
 ですので今日から3日間、
 拓海さんをお預け致します。
 どうかたっぷりかわいがってあげて下さい。」

「かっっ…―――!?」

「本当はあなたにも3日休んで頂きたいのですが、
 それは無理だと思いますので…」

「当たり前だ!」

「はい。
 ですのでせめて、今日1日は…。」

「…。」

「後の2日間はそこに…、
 あなたの匂いを感じる場所に…。」


その言葉に
いつもの平淡な口調とは違う必死さを感じた。

俺に言えないこと…。

御堂家に関することか?

それならば、
俺にしてやれることは…、


「わかった。
 お前の言う通りにしよう。」

「ありがとうございます。
 それでは明日お迎えに上がりますので、
 引き継ぎはその時に…」

「ああ。」

「本日は瓜生さん宛ての電話もこちらで対処致しますので、
 電源は切って、安心してヤッて下さい。」

「っっ―――!アホか、お前は!!!」

「くすっっ。それでは…。」


はぁ…。

相変わらず喰えない奴だ。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁BL小説
ジャンル : アダルト

その唇、塞いでやる…2

―翌朝、6時―




ピンポーーーーン




ん、夢…?



ピンポーーーーン




じゃない。


時計はジャスト6時。


「っったく、誰だ?こんな朝っぱらから(怒)」


拓海の声で
機嫌良く目覚めるつもりだったのに…。




ガチャッッ…




「!?」

「お、はよ。」




た、たくみ?




「は?おはよって何やってんだ、お前?」

「あ、あのぉ…モーニングコール、みたいな?」

「モーニングって、電話でって言っただろ?」

「う、うん。わかってるよ。でも―――」

「でも、何だ?お前も仕事だろ?
 どうするつもりだ?
 こんなとこまで来てしまって。
 間に合うのか?」

「…―――たかったんだよ。」

「は?」

「がんばってって言いたかったんだよ!!!
 直接!顔を見て!」

「っっ―――!?」

「だって、夕べ言ってくれたじゃん!
 お前のがんばっては、何よりも効くって!
 だから…、
 電話じゃ無くて直接言ったら、
 もっともっとがんばれるんじゃないか―――っっ!?」

「バカか…お前…」

「…く、くるしいよ」

「我慢しろ。
 そんなこと言われた俺の方が何倍も苦しい…」

「…?」

「お前帰したくなくて…、
 ずっと可愛がってやりたくて…、
 どうしようもなくなる…。」

「//////」


はぁ…。

年甲斐も無く
夕べ、2回も抜いたのに。

まったく、
こいつには敵わない…。

最強に可愛い、
バカ野郎だ。








俺は拓海の手を乱暴に取り、
自分の体に引き寄せた。

部屋に入る時間も惜しみ、
玄関で荒々しく唇を奪う。

開け放たれたままだった扉が
ゆっくりと閉まっていき、
濃密な時を刻み始めた…。








噛みつくようなキスに
耳まで赤くしながらも
必死に答えようとする拓海。

部屋に続く廊下には
持ってきたバッグと
コンビニ袋がだらしなく横たわっていた。


「ほら、舌出せ。」

「ん…―――」


俺の要求に答え、
唾液で濡れた唇から
チロリと差し出された舌。


「…―――!」


一瞬、
絡ませるのも忘れ凝視する。

少年のような顔に
不釣り合いな淫靡な舌…。

その背徳とも言える行為が
俺の中心を刺激した。


「んんっっ…―――」


おざなりに舌を吸い取り、
拓海の下半身を露わにする。


「え?え?ここで?」


まだ、部屋にも辿りついて無い廊下の途中。

拓海の動揺も
尤もだが…、


「後ろ向け。」


それが質問の答えだった。








薄暗い廊下に
白い双尻が艶めかしく浮かび上がる。


「いやらしいケツだな。」


耳元で敢えて嬲るような言葉を吐き、
緩慢に跪いた。

焦る気持ちを悟られまいとする動きだったが、
この場所で欲している事自体が
待ちきれない欲求の証。

そして、拓海も
曝している臀部を
更なる痴態を期待するかのように震わせた。

双璧を両手で開き、
淡い色の窄まりに舌を伸ばす。


「あ、ああ…―――、こ、こうじ…」


廊下に響く、
鼻にかかった声…。

夕べ何度も
頭の中で繰り返されたその声…。

舌に感じる“拓海”の味が
想像では無いことを知らせていた。


「もっと、聞かせろ。お前の声…」


舌を離し、
指を捩じ込みながら、
乱れてゆく身体に命ずる。


「い、いい…。きもち、いい。
 こうじ、光司…」

「もっと…もっとだ、拓海。
 俺を呼べ。
 俺を欲しがれ。」


俺がお前の名を
何度も
何度も
呼んだように…。


喘ぎ声に切なさが増し、
拓海の限界が近いことを伝える。

まだ触れてさえいない前からは蜜が溢れだし、
床をふしだらに濡らしていた。


楽にしてやったほうがいいんだろうが…。

悪いな拓海、
一緒に…。


とんだエゴイズムに苦笑しながら、
立ち上がり、細い肩を抱きしめる。

柔らかい髪に顔を埋めて、


「気絶するほど、良くしてやる。
 だからもう少し…我慢しろ。」


そう囁いた時、
ベッド脇に置いている携帯が、
規則的なバイブ音を鳴らし始めた。

テーマ : 18禁BL小説
ジャンル : アダルト

その唇、塞いでやる…1

「なぁ、明日俺、6時起きなんだ。
 悪いけどお前、
 電話で起こしてくれないか?」

「ああ、うん。いいけど。
 仕事?」

「まぁ…な。」

「そうなんだ。大変だね、がんばって。」

「ああ。
 お前のがんばっては、何よりも効く、な。」

「そ、そぉ?(///∇//)」

「ああ。」

「へへ。何だか嬉しいな。」

「…じゃあ、な。明日頼むな。」

「うん。おやすみ。」

「おやすみ。」




電話を切ると
再び静寂が訪れた。

アイツがいない部屋…。

ほんの数カ月前まで当り前だった
“一人の部屋”が
今はたまらなく淋しい。

さっきまで耳をくすぐっていた
アイツの声を思い返す。

少し鼻にかかった高めの声…。

俺の名を呼ぶ時の
甘い響きを思い出し、
欲望が起ち上がってくるのを感じた。

「俺もまだまだ若いな。」

スウェット越しの起立に苦笑しながら、
一人では広すぎるベッドに横たわった。

この欲望に流された後、
やがて襲うであろう虚無感。

それすらも
敢えて受容れよう。

嫌だと泣きじゃくったアイツを
無理やり行かせた罰だ。

俺は腰を少し浮かし、
ボクサーパンツごとスウェットをずらした。

ひんやりとした外気に触れ
幾分萎えたそれを
左手で握る。

恥ずかしげに握ってくる
アイツの右手を思い出しながら…。




―「ねぇ、気持ちイイ?」―

アイツは
扱き始めて暫らくすると、
必ず訊いてくる。

頬を紅潮させ、
上目遣いに…。

―「まだ、足りないな。」―

本当は
アイツに握られてるって考えるだけで
軽くイってしまいそうになる衝動を押さえて、
俺は更なる罠をかける。

己自身をも陥れるだろう危険な罠を…。

―「ほら。咥えろ。」―

―「う、うん…」―

右手で根元を扱きながら、
震える唇を寄せるアイツ。

俺の先端からは
堪え切れなくなったものが
絶え間なく溢れている。

そして、
アイツの可愛い果実からも…。




「ん…はっ…―――」

俺の淫猥な吐息で
一人の部屋に
わずかな熱が生まれた。

逢いたい…。

すぐにでも、アイツを
めちゃくちゃに犯したい。

俺の付けた印で
体中真っ赤に染め上げたい。

ベッドの上で
獣のように乱れる姿を想像して、
欲望が詰まった液が
シーツまでも汚してゆく。

こんなにも
求めている。

アイツのすべてを…。

「…っ――、あ…―――」

起立の硬さが増し、
終わりが近い事を告げていた。

「た、くみ…―――」

俺は愛しい人の名を呼ぶ。

「拓海、拓海…―――」

何度も、何度も。

そして、

「あ、あいしてる、拓海―――」

届かない言葉と共に
精を吐き出した。

テーマ : 18禁BL小説
ジャンル : アダルト

sidetitleプロフィールsidetitle

鳥舟侑理@長州ユーリ

Author:鳥舟侑理@長州ユーリ
鳥舟侑理@長州ユーリは、
官能BL小説家を目指す
ドSエロ番長です。

当ブログは、
ド下手な自作BL小説を
掲載しておりますが、
お恥ずかしながら
著作権は
放棄しておりません。
無断転載等は
ご遠慮ください。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle先割れスプーン様出演sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。