FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お泊まりの朝は2

「あ、あれ?ここは?」

整えられたベッドの中で目覚めた周平は、
寝ぼけているのか不安げに辺りを見回す。

「私の部屋ですよ」

そう答えてやると、
直ぐにソファに座る私の姿をとらえ、
ホッとしたように笑った。

「おはようございます。朝食、出来ていますよ。
そちらに運びましょうか、姫?」
「い、いいです! 僕がソッチに行きますから」
「そうですか。ではいらっしゃい」
「はい! ……っと、あのぉ」
「何です?」
「僕……下、穿いてなくて……。
パンツ取ってもらえませんか?」
「パンツ?
ああ、君の下着はドロドロに汚れていましたので、
捨ててしまいました」
「え!? じゃ、じゃあ、ジーパンを……」
「そちらはクリーニングに出しておきましたよ」
「ク、クリーニング!?」
「ええ。朝一番で。
きっと君は夕べ私に抱かれる前から、
厭らしい妄想を繰り返していたのでしょうね。
少し……匂いがしていました。君の……」
「わーーわーー! もういいです!」

匂いというのはもちろん口から出まかせだったが、
周平の慌てぶりを見ると強(あなが)ち間違いでもなさそうだ。
テーブルの上のパプリカマリネードよりも赤くなっている。

「さて、君の百面相はとても素敵ですが、
それではお腹は膨らみませんので、
そろそろコチラに来ませんか? 
上はちゃんと着ているでしょう?」

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁BL小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

鳥舟侑理@長州ユーリ

Author:鳥舟侑理@長州ユーリ
鳥舟侑理@長州ユーリは、
官能BL小説家を目指す
ドSエロ番長です。

当ブログは、
ド下手な自作BL小説を
掲載しておりますが、
お恥ずかしながら
著作権は
放棄しておりません。
無断転載等は
ご遠慮ください。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle先割れスプーン様出演sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。